※結果発表を公開しました!
たくさんのご応募、ありがとうございました。
SCROLL
ABOUT
社歌動画コンテストとは
会社の魂を込めた歌、社歌。
そんな社歌を、それぞれの会社らしさが出るよう、
好きなように歌い、好きなように撮影した動画を募集します。
御社の魅力が詰まった社歌動画を心よりお待ちしております。
RESULT
結果発表

HANJO HANJO賞

クラブン株式会社
“クラブン(株)社歌ラップ”

HANJO HANJO編集長による講評

激戦の社歌コンテストで多数の票を集めたことからも、クラブンさんの「社歌ラップ」のユニークさとインパクトは群を抜いていたことがわかります。「伝統と革新」とは企業が常に意識するキーワードのひとつですが、「新世代のラップ&オーソドックスな歌」という構成によって、クラブンさんはそのことを社歌で表現しているようにも感じました。登場する社員の皆さんの個性が動画のいくつものシーンににじみ出ていて、中小企業にとって「One For All, All For One」ということがいかに大切かを、改めて考えさせてくれる秀逸な作品です。

審査員賞

AKB 48 Team8賞

株式会社スリービー
“スリービー社歌”

この動画の制作秘話はこちら
表彰コメント

貴社動画のキャッチーなメロディーや歌詞、そしてアニメーションを使った独自の世界観に引き込まれてしまいました!お仕事の内容や伝えたい想いがすべて詰まった、また独創的なアイディア満載のこの社歌から、お仕事の依頼をしたらどんな装飾をしてくれるのだろうとワクワクしました!聴いていて体が自然と動いちゃうような楽しい貴社の社歌動画にAKB48 チーム8より審査員賞を授与いたします。

緑川 賢司賞

株式会社スリービー
“スリービー社歌”

この動画の制作秘話はこちら
表彰コメント

貴社の社歌動画はついつい口ずさんでしまう歌詞とメロディー、電話番号までが歌になっているところが印象的であり、この歌をきっかけに社員の交流が拡大しているというエピソードも魅了的でした。動画を見る人は元気づけられ、貴社の新たな一面にも気づかされたことでしょう。今後も貴社の想いの詰まった社歌が働きがいのある職場を生み、社外に対しても前向きなメッセージとして発信され続けることをお祈り申し上げます。

タマ伸也賞

株式会社スリービー
“スリービー社歌”

この動画の制作秘話はこちら
表彰コメント

私の審査基準、モットーは(明るく楽しく一生懸命」でした。なにより楽しいところに人は集まります。そして集まった人がまた人を呼ぶ。スリービーさんの社員のみなさんの楽しんでいる様子が伺えるような曲調と、電話の保留音を社歌に設定しているところと、忘年会のときにカラオケボックス(JOYSOUND)でみんなで肩を組みながら、歌ったことは一生忘れません。といったエピソードにもみんなで楽しんでいる様が伺いしれました。単に会社説明の歌詞なのにポップに響いたのもとても良かったです。明るく楽しく一生懸命、そんなイメージにぴったりの社歌動画でした!

VOTE
応募動画一覧
応募&投票期間は終了いたしました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました!
社歌動画制作秘話はこちら!

IE(インターネットエクスプローラー)で表示されない場合がございます。
ブラウザについてはGoogle ChromeもしくはSafariでの閲覧・投票を推奨しています。

  • {{ movie.votes | star10 }} {{ movie.company_name }} “{{ movie.title }}”
REVIEW
審査について
ユーザーによる一般投票と、審査員による選出が行われます。
審査員
AKB48 Team8
【プロフィール】
「会いに行けるアイドル」として活動してきたAKB48から「会いに行くアイドル」をコンセプトにした新チーム、AKB48 Team 8が誕生。メンバーはそれぞれが代表する都道府県を拠点に、地域に根差した活動を行いながら、Team 8として全国各地で「会いに行く」活動を行っている。社歌動画コンテストへは全国6エリアからメンバー6名が集合。
【審査基準】
AKB48 Team8が最も『歌ってみたい』社歌を選出します!
緑川 賢司
(株式会社ミナロ代表取締役 NPO全日本製造業コマ大戦協会理事長)
【プロフィール】
2002年8月、株式会社ミナロを起業。「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。2012年には『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、 現在までに全国150ヶ所以上で開催。参加チームも中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。
【審査基準】
企業は社会に貢献するためのもの。世のため人のために頑張る姿が目に浮かぶ社歌を選出します!
タマ伸也
【プロフィール】
青森県出身。WAHAHA本舗に所属。コミックバンド・ポカスカジャンメンバー。CMソング「ガリガリ君のうた」作詞作曲。ソロではフォークシンガーとして活躍中。Bay㎙「タマ伸也の存じアップ!Radio」パーソナリティ。同番組で社歌を作り発表もしている。青森県観光大使。
【審査基準】
モットーは、「明るく元気に一生懸命」。そんな社歌に出会いたいです‼
HINTS
“半歩先”の動画にするためのヒント
ところで、動画ってどうやって作るの?という疑問にお答えします!
「御社らしさ」をより伝えられる、魅力的な社歌動画を作るためのヒントを
動画マーケティングに詳しいViibarさんに記事にしていただきました。
※こちらの内容を踏襲していることは、応募の必須条件ではありませんが、是非参考にしてみてください。
- この記事でわかるヒント -
HINT1
“動画の強みを活かす”
動画は、静止画やテキストに比べて圧倒的に多くの情報を届けられる。映像・セリフ・ 音楽など複数の要素を組み合わせ、商材に留まらず “ ブランドの世界観 ”まで伝えることができるのが強みだ。
◆ 動画を作ることでのマーケティング上のメリット
◆ 動画活用の事例
HINT2
“動画制作のおさえておきたいポイント”
動画の制作は企画から。制作の流れと成功の鍵となるポイントをおさえよう。また、ちょっとした工夫でも撮影に取り入れることで他と差のつく動画にすることができる。
◆ 実際に動画を制作するフロー
◆ 他と差をつけるために出来る工夫
viibar
presented by Viibar(ビーバー)
「クリエイティビティの新しい市場をつくる」というミッションのもと、国内最大級 3000 人超のプロクリエイターをネットワークする動画制作クラウドを 2013 年 10 月より提供。クライアントとクリエイターのマッチングだけでなく、動画の企画から制作サポート、配信までをワンストップで提供する動画マーケティングのパートナーです。

「動画」についてもっと知りたい方はこちら